嫁姑

60代

息子夫婦の離婚危機
親としてできることは?
(福岡県II/60代女性/臨時職員)

7年ほど前、次男夫婦の間に飛び交うようになった「離婚」の二文字。本人同士だけでなく、夫も、お嫁さんの家族も、みんな「別れた方がいい」と。でも、私はそうではありませんでした。縁があって出会った家族。だからこそ、この縁が本当の良い縁になるように...
60代

恨みつらみの心が消えて
本当の生きる意味を知った
(大分県KT/60代女性/主婦)

「私なんて、何のために生まれてきたのだろう」そう思い始めたのは小学生の頃です。虐げられてきた子供時代。心は縛られ、我慢ばかり。その後、結婚したものの、1、2年たつと、今度は感情の起伏が激しい義母を、受け止めきれなくなりました。この苦しさを誰...
60代

高齢の義母との関わりから
多くの仕合せをもらって
(新潟県KO/60代女性/看護助手)

4年ほど前に義父が亡くなり、時間をつくっては、一人暮らしの義母の所に顔を出していました。ところが、義母は義父の介護疲れと一人になった寂しさからか、被害妄想や幻覚がひどくなったのです。夫が様子を見に行った時は、私をののしる言葉を口にしていたそ...
70代

「痛い」で終わらせない!
治癒力を引き出す気付き
(福井県SH/70代女性/主婦)

ある日、坂道を下りていた時に走った足の激痛。左膝の骨と骨の間のクッションが損傷したのです。生活は一変、歩くのがやっとの状態になってしまいました。 信者籍を置いて五十数年になる私です。今回のこの出来事。単に痛い、痛いではなく、「何か意味がある...
70代

家でこそ出る「素の自分」
我が子の言葉を受け止めて
(兵庫県JO/70代女性/民宿経営)

末っ子が大学生の時、夫を亡くした私。3人の子供たちにどれほど救われてきたか知れません。しかし、かわいい存在と思うほど、期待し過ぎて嫌がられたこともあります。 息子が結婚したい相手は… ある日、一番下の次男が、「お母さん、いい話してあげようか...
60代

自分が変われば嫁も変わる
嫁姑関係が好転した気付き
(熊本県MG/60代女性/パート)

長男家族との同居は、毎日がにぎやか。夫を早くに亡くした私は、一緒に住んでくれる息子たちに、とても感謝していました。ところがある日、嫁が口を利いてくれなくなったのです。私の聞き間違いか、嫁の言い間違いか…。ちょっとしたところから擦れ違い、「も...
70代

「家族といるのに寂しい」
孤独の心が消えた喜び
(長野県AN/70代女性/主婦)

三男を生んで間もなく、夫と離婚。もう45年も前のことです。そこから「子供たちと仕合せになりたい」と願い、頑張って、頑張って…。でも、まだ仕合せは手に入っていませんでした。いつしか、同居する長男家族との間にできてしまった心の距離。リビングから...
50代

義母との不仲に離婚問題…
心の焦点が合うと次々好転
(長野県YK/50代女性/パート)

東京から長野に嫁いだ7年前。程なくして、同居の義母との折り合いが悪くなりました。片付けが苦手な母を手伝うと、こっぴどく叱られるのです。 立ち止まったきっかけは 夫とは交際期間が短く、「結婚してから、お互いをのんびり知ればいい」と思っていまし...