親子

40代

後悔なく義母を送れて…
家族との絆の深まりも
(大阪府YS/40代男性)

義母が安らかに旅立ち、玉納奉寿(教会葬儀)を終えて妻がひと言。「寂しさはあるけれど、とてもすがすがしい」。この言葉が聞けて、心から安心しました。 数年前に患った髄膜炎を機に、命の峠を何度も乗り越えてきた義母。家族が駆け付けると持ち直し、病状...
20代

信者になって1カ月の変化
初めて味わった「喜び」
(群馬県HI/20代男性/アルバイト)

友人に誘われて行った神示教会。何回か勉強会に出席するうちに、心が明るくなっていく感覚があり、そこに感動して信者になりました。1カ月ほど前のことです。 ささいなことでも意識すると… 早速、変化がありました。仕事へのモチベーションが上がったので...
50代

息子の事故をきっかけに
根こそぎ変われた我が家
(岩手県HI/50代男性/会社員)

「人身事故を起こしてしまった…」。バスの運転手をしている長男から、突然の連絡。相手の方は意識不明の重体と聞きました。私も妻も一睡もできず、不安に押しつぶされそうな心を必死で祈願しました。 ぶれない心で向き合うと… 事故の状況から留置はされず...
60代

障害があっても輝ける!
最高の人生を送った夫
(神奈川県YE/60代女性/主婦)

いつもと変わらない一日が始まったように感じていた私に、夫の入院先から危篤の知らせが…。 夫は、家族に見守られる中、安心しきった穏やかな表情を浮かべて旅立ちました。「人生に何一つ悔いを残してほしくない。大好きだった教会で送りたい」という家族の...
60代

ようやく埋まった親子の溝
教えの実践こそ確実な道!
(東京都YO/60代女性/主婦)

思えば、私は、長男が難病と告げられ、何とか救っていただきたくて信者となりました。しかし、教えを学んでも実践するわけでなく、ただ知識として受け止めていただけ。何かあれば、「助けて」「救って」と、目先の御利益を求める繰り返しだったのです。 長男...
70代

骨折で気付いた心の課題
「無意識」の怖さに気付く
(横浜市ST/70代女性/主婦)

ある日、重い荷物を持ち上げた途端にギクッ。背中と腰を圧迫骨折してしまいました。人の手を借りなければ何もできず、じっと寝ているしかありません。 夫は文句一つ言わず、家事から介助まで、至れり尽くせり。「心が大きい人だなあ」と感謝、感謝でした。一...
70代

片親としての向き合い方を
つかんだ先の大きな仕合せ
(山梨県MO/70代女性/主婦)

幼子を二人抱えて離婚し、女手一つで必死に育ててきた人生。子供たちも立派な社会人になり、「いい子に育った」と一安心していました。ただ、一つだけ悩みが…。息子と娘の折り合いが悪く、挨拶すらしないのです。やがて娘は家を出て行きました。 二人分頑張...
60代

子供時代の苦しみが消えて
仕合せで満たされていく心
(福島県AY/60代女性/無職)

1歳半で父を亡くし、寂しかった子供時代。母は、3人の子を育てるために一生懸命働き、とにかく厳しかったです。私は、母を怒らせないように顔色をうかがってばかりでした。 神と出会ったのは大学生の時。仕合せを求めていた私の心に、神の教えがスイスイ入...