じわじわ強くなった心
何の不安もない老後を手に
(山口県JO/70代男性/無職)

信者となる前、40歳の頃の自分は、自信がなく、落ち込みやすかったです。おまけに自分中心で、人に気配りもせず、今、振り返っても恥ずかしくなります。でも、このままではいけない…と、心のどこかでは思っていました。そんな時、妻から渡された神示教会のプリント。「必ず仕合せになれる」と書いてあり、その力強さに引かれ、何のちゅうちょもなく信者になりました。

深まっていく神との絆

神の教えは、「これじゃいけん」の連続でした。「自分がしたいことは、みんなもそうしてほしいはず」と、心にゆとりが出てきたのです。一番ハッとした教えは、良いことも悪いことも、全て「自分の心の動き」から起こっている…という内容です。それ以来、人に理不尽なことを言われても、その原因が自分にあったのかもしれない…と、我が身を振り返るようになっていきました。

不思議なもので、神の教えでの自己反省は、落ち込むどころか、気持ちがグラグラしなくなっていくのです。25年前、妻が白血病になった時もそうでした。当時、障害のある娘も、息子もまだ学生でした。落ち込みやすい私が、5年の闘病生活を支えられたことも、旅立った時に「安らかで良かった…」と安心感の方が大きかったことも、神のご守護としか思えません。

定年後も求められる人へ

そこから子供を育て上げ、70歳まで製造の仕事をし、今に至っています。本来なら60歳が定年ですが、70歳までいてほしい…と言ってくださり、最後も引き留めていただき、うれしかったです。退職後も1年くらいは、「対応の仕方を教えて」とちょこちょこ相談の電話がかかってきて、一生懸命答えさせてもらいました。

「人に負けない物を作るために、技術を磨く」これも大事と思います。でも、それは「自分だけの喜び」だったと、信者になって気付きました。お客さまに喜んでほしいし、会社にも喜んでほしい。「自分も相手も良うなりたい」と思って動いた方が、喜びがはるかに大きいことも、神の教えで知りました。

心の変化が何よりうれしい

昔の私のゆがんだ心。急にポンと変わったわけではなく、じわじわ変わった手応えがあります。今は一人暮らしですが、今後の不安はありません。県外の息子はいつも気に掛けてくれるし、施設にいる娘は、誰にでもニコニコ笑いかけて、私やみんなの心を明るくしてくれるからです。

特にこの頃は、一つ一つの出来事を随分とゆったりした心で受け止められて、毎日が過ごしやすくなりました。この心の変化が、とてもうれしいです。「神にすがれば必ず仕合せになれる」。今、そのとおりの人生になっています。

「教え」に生きる思い(決意)が深まるほど 人の心は安定し 迷う思いは消えてゆく
 「人生の真理」が見えてきて 「道」欠く心の動きを 自ら抑える人(存在)と成る
神の実在 その力が見えて 人は 心明るく 素直に生きられる
 感謝心はますます深まり 世(社会)に奉仕する心の動きが引き出される

「教え」に生きる
  思い(決意)が深まるほど
    人の心は安定し
        迷う思いは消えてゆく
 「人生の真理」が見えてきて
  「道」欠く心の動きを
     自ら抑える人(存在)と成る
神の実在 その力が見えて
  人は 心明るく 素直に生きられる
 感謝心はますます深まり
    世(社会)に奉仕する
      心の動きが引き出される

『真実の光・神示 平成30年版』210ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました