男性

70代

愛着ある仕事場との別れ
「心」の大切さに気付きが
(新潟県KK/70代男性/無職)

私は長年、大工をしてきました。幼い頃から物作りが大好きで、大工という仕事は誇りでした。しかし、年齢と体力面から仕事を縮小し、大きな作業場と機械を手放すことにしたのです。 作業場は、使いやすいように手をかけ、大切に使ってきた相棒です。購入した...
70代

「これで終わり」はない!
教えで得られるものは無限
(岩手県YI/70代男性/農業)

三度の飯よりテニスが好きな私は、80歳目前の今も、現役のテニスプレーヤーです。数々の大会に出場し、コーチとして生徒さんを預かるお役も頂いています。 しかし、大好きだからこそ、教えるたびに自分との闘いです。良かれと思って熱心に指導すればするほ...
20代

在宅勤務で気付いた
何事も喜びに返すコツ
(東京都YK/20代男性/会社員)

心の動きが人生を左右 私は、建設関連の会社で、営業と現場監督を兼ねた仕事をしています。今回、コロナ禍で初めての在宅勤務になりました。 一人で仕事をしていると、「誰も見ていないから、少しくらい休んでもいいかな」と、正直、不実な思いが頭をよぎる...
50代

コロナ禍が生き方の転換点
輝き始めた私の毎日
(岩手県EK/50代男性/会社員)

コロナ禍で、突然長期休暇を言い渡されました。今後の生活や子供の学費などを考えると、不安は尽きず、「ずっと頑張ってきたのに、なぜ…」と、会社を恨む心も出てきました。 先のことを考えるよりも… しかし、いくら先を考えても、私は何もできず、無力で...
60代

素直な心になれた不思議
家族の絆を深める機会に
(岩手県SF/60代男性/貨物船舶乗務員)

私は、貨物船舶の船員として、一年のほとんどを船上で過ごしています。このたび、わずかな陸上での滞在期間に、60歳の節目の儀式を受けることがかないました。 式が進む中で、人生の数々の場面が走馬灯のごとく思い返されました。中でも、強くよみがえって...
50代

カッとしなくなった自分
感情をうまくコントロール
(千葉県MA/50代男性/会社員)

コンビニの駐車場に、車を止めた時のこと。こちらに向かって、一台の車がバックしてきたのです。「ぶつかる!」と思った瞬間には、衝突していました。 慌てて車から下りてきたのは、高齢の女性でした。思わず「何をしているんですか」と言ったものの、あまり...
30代

努力が生きる仕組みとは?
神の教えで正した自分の心
(静岡県YS/30代男性/会社員)

「今、自分がしていることは、本当に人の役に立っているのか?」これは最近、私が大切にしている自分への問い掛けです。 良いことをしているのに…? この感覚を持つようになったのは、職場での気付きがきっかけです。かつての私は、時間内に仕事をこなし、...
60代

病になって気付いたものは
家族の支えと奉仕の心
(佐賀県NY/60代男性/バス運転手)

私はバスの運転手をしています。コロナ禍でも、高齢者の通院利用が多いため、仕事に励む毎日を送っていました。 突然の病に不安が増して そんな中、突然、夜中に血尿が出ました。これは大変だと、急いでインターネットで検索すると、どんどん悪い病気の疑い...