がんで深まった夫婦の絆
神に守っていただける人に
(岩手県KO/70代男性/会社員)

「胃がんです」「根が深い可能性があります」と医師。しばらく胃カメラをのんでいないから、そろそろ…と気楽に受けた検査でまさかの結果でした。それでも、「何げなく」検査しようと思った心の動きが不思議で、神に感謝が込み上げました。

妻の本音に触れた時…

自分は信者籍が長く、妻も昔から熱心な信者だったので、「神に守っていただける」という安心感がありました。ところが、夫婦で教務相談に入った時、隣で妻がおいおい泣き始めたのです。本当に驚きました。何せ結婚して以来、初めてだったからです。普段は社長としても気丈な妻が流した涙の理由。それは、私の親が二人ともがんで亡くなっており、私たちには子供がいないため、不安でいっぱいだったようです。

妻の本音に触れ、私の心が変わり始めました。神の教えで何度も学んでいた「夫婦の会話」も、これまでと違った響きで気持ちに入ってきたのです。

会話といっても、私は「自分の思い」ではなく、「頼み事」を話していました。LINEも用件だけ、それもひと言で。程なくして入院した私は、LINEで「俺のことは何も心配しないで、体に気を付けて仕事頑張って」と、「自分の気持ち」を送りました。普通のことかもしれませんが、今までできなかったことです。それに対して妻は、「大好きよ」と、とっても優しい思いやりのある言葉を返してくれました。

知らないうちに道を欠いていた

何とも穏やかな気持ちで迎えた手術は大成功で、心配していた根も見当たらず、「完治」とのこと。せっかく摘み取っていただいたがんの芽を二度と出さないように、今、心の手入れに努めています。

かつての私は、従業員に対して「あの人はいくら言っても分からないね」「何であんなこともできないんだろうね」と言いたい放題。社長として仕事に明け暮れる妻には、「好きなことをさせてあげている」と上から目線で、「遅くまでお疲れさま」の言葉もありませんでした。私は、らず知らずのうちに、健康な心とは真逆の方向に生きていたのです。

「神に守っていただける」といっても、何もしなくても守られるわけではないとつくづく分かりました。でも、がんになったおかげで、大切なことに気付かせていただいたのも事実です。このところ、イラッとする回数が減ってきて、自分でも変わってきたと思います。もうすぐ光寿信者参拝時。「御礼御祈願書」にたくさんの感謝をしたためて、神にお届けしたいと思います。

妻より

ずっと抱えていた不安を夫に伝えた時、「長生きしなきゃいけないね…」と優しい目をしていました。そして、本当に優しくなったと思います。体が大変なのに、「疲れてない? 大丈夫?」と私を思いやってくれ、「気持ち」を話してくれるようになったのが大きな変化です。会話でお互いの「気持ち」が見えるようになり、安心感が全く違います。良い意味で緊張感は続いているので、夫婦で神に心を寄せて、しっかり歩んでいきたいと思います。

「心(運命実体)」で生きる人間は 「運命」に重なる心の動きが取れるところに
    喜び多く 楽しい日々を歩んでゆける
 心の動きが体調を引き上げて 真の健康を手にできるのである
――夫婦仲良く語り合う家庭を築く――
 「和のある家」が 環境変化を乗り越え 好転させる

「心(運命実体)」で生きる人間は
  「運命」に重なる心の動きが
      取れるところに
    喜び多く
      楽しい日々を歩んでゆける
 心の動きが体調を引き上げて
    真の健康を手にできるのである
――夫婦仲良く語り合う家庭を築く――
 「和のある家」が
   環境変化を乗り越え 好転させる

『真実の光・神示 平成22年版』90ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました