夫婦

80代以上

30年の自宅介護で深めた絆
神と歩んだ奇跡の日々
(栃木県TK/80代女性/主婦)

夫が87歳で旅立ちました。脳内出血で倒れて32年。「お疲れさま。よく頑張ったね」夫の亡きがらにそう語り掛けました。 目を合わせて通い合う心 自宅での介護は30年に及びました。「うー」とか「あー」としか話せず、食事もお風呂も、介...
60代

私は悪くないのに何で?
取り戻せた夫婦の会話
(福井県KO/60代女性/パート)

マンネリ化の落とし穴 2年前のある日、夫が職場で倒れました。病名は、くも膜下出血と脳挫傷。それでも、ありがたいことに後遺症は残らず、仕事に復帰できたのです。 いつしか、この日常が当たり前になっていました。娘に「今の言い方キツイ...
70代

予期せぬ病にびっくり
自分を見詰め直せた時間
(横浜市SI/70代女性/主婦)

祈願でつかんだ足りない心 「まさか」昨秋、胃がんと診断されました。以前、胃潰瘍を患った時、医師に「胃がんになりやすいから毎年検査を」と言われていたのに…。「神に守られているから、大丈夫」と、おごりがあったのです。 胃の3分の2...
70代

最期まで神と歩んだ夫
磨き上げられた愛の心
(福岡県ET/70代女性/自営業)

家族が大好きで、人が大好きで、教会が大好き。75歳で旅立った夫の人生は、愛であふれていました。 難病でも絶やさない笑顔 夫が多発性硬化症という難病と診断されたのは、8年前。「回復の見込みはなく、数年の命」と告げられました。でも...
50代

夫婦げんかをきっかけに
脱! 形だけの円満夫婦
(岩手県KY/50代女性/会社員)

夫とは30年以上連れ添っていますが、何かにつけ気が合いません。「とにかく夫婦仲良くなりたい!」これが、私が神の教えを学ぶ、最大の原動力でした。 一緒にいることが仲良し? 自分なりに教えの実践に努め、そこそこ仲良くできてきたな…...
50代

真っ暗闇からの脱出
神の教えが心を照らす光
(千葉県YK/50代男性/会社員)

全国の統括役に抜擢され、やりがいを持って働いてきた矢先の異動。これまでと畑違いの仕事を、突然任されたのです。分からないことを年下の人に聞くなど、プライドが許しません。心は落ち込む一方で、そのうち出勤もできなくなりました。医師からはひと言、...
60代

母に届けた愛のメッセージ
子、孫、ひ孫の声が一つに
(佐賀県RS/60代女性/パート)

「まだ親孝行もできていない…」90代の母が危篤になり、悲しくて、寂しくて、どうしようもない思いに駆られました。 「みんながいるよ」と伝えたい 母を悔いなく見送るために、今、何ができるのか…? 偉光会館で教務相談を受け、「家族で...
60代

何でも頑張るのは長所?
足元にあった仕合せの種
(岩手県YS/60代女性/スーパー勤務)

何でも頑張るのが私の持ち味。夫の役職が変わり、収入が激減した時も、3人の子供の学費と家のローンのために、パートに出て必死で働きました。当時、夫は単身赴任中。相談したところで、給料が増えるわけでもないし、「問題解決には、私が頑張るのが一番!...
タイトルとURLをコピーしました