親に心を開けない…
神の力を借りて「素直に」
(茨城県AH/20代男性/教員)

物心ついた時には、両親が離婚。母子家庭で育った私の心には、いつも寂しさがありました。教師をしている母は忙しそうで、余計に「お利口さんにしていなきゃ」という思考になったのだと思います。親子仲は悪くなかったものの、本音を話すことはほとんどなく、それが当たり前でした。

「分かってるけど」が変わる

神の教えには、あっちにもこっちにも「家族と本音で会話」と出てきます。そのうち「分かってるけど」と思うようになりました。「分かってるけど、母は耳が遠いから会話が難しい」「分かってるけど、今さら無理」。そうやって神の教えから目を背ける毎日には、限界が訪れました。人間関係で行き詰まり、どうにもならなくなって、初めて「分かってるけど」の後に続く言葉が変わったのです。

「分かってるけど、教えを実践していないから苦しいんだ」。そこに気付いた瞬間、その場で神に「分かってるけど、親に心を開けない自分がいます。変わりたいです」と祈願したのを覚えています。

本音で関わると見えるものが!

「本音で会話」といっても、何をどう話せばいいか分かりません。取りあえず、仕事のことを話していきました。母と同じ、教師の道に進んで1年目。まだ慣れなくてつらいこと、人の顔色をうかがってしまうこと。心の奥底にある「自分だけしか知らない気持ち」を話していったのです。

「気持ちがいっぱいいっぱいでしんどいんだよね」「周りを信頼できなくて、余計に自分を苦しめちゃってると思う」など…。母は、「子供たちを思う気持ちがあるのはすごいこと」「ありのままでいればいいよ、大丈夫」と、自分の経験も踏まえながら、励ましてくれました。「頑張れ」とはひと言も言いません。それは、私の頑張り過ぎる性格を、誰よりも理解してくれているから…だったのです。怖そうだなと思っていた先生とも、今は少しずつ普通に話せるようになってきて、そんな自分の変化が不思議です。

つらい出来事も今になれば

私の職場は特別支援学校ですが、素直に本音を言えない子や、ごまかしてしまう子もたくさんいます。その気持ちが人一倍分かるから、「先生は怒らないよ。本当のことを言う方が大事だよ」と自信を持って伝えることができて、過去のつらい経験がちゃんと生かされています。

学校で働く中で子供たちを見て、保護者と触れ合っているうちに、「ああ、母も一生懸命育ててくれたんだな。本当に感謝だな」と、やっと思えるようになりました。片親で育ったことが隠したい事実ではなく、感謝の出来事に変わっているのです。道を踏み外さずにここまで来られたのは、神の教えがあったからと、今、胸を張って言い切れます!

神が与えし「運命」 世に出て 役立つ我が身(人生) 引き出す力となるゆえ
   若芽の今(時代) 心(気持ち)焦らず 我が「運命」花咲くことを信じて生きよ
 ただただ神の教えを学び 心に吸収し 素直 正直に生きればよろしい
 今は 心(品性)磨き 多くの出会いを重ね 体験する時(時代)
    焦らず 一つ一つの出会いに感謝し 思いを素直に語り 生きること
 自然と 人の姿 人の心 世の流れが見えてくる

神が与えし「運命」
   世に出て 役立つ我が身(人生)
      引き出す力となるゆえ
  若芽の今(時代)
    心(気持ち)焦らず
      我が「運命」花咲くことを
        信じて生きよ
 ただただ神の教えを学び 心に吸収し
    素直 正直に生きればよろしい
 今は 心(品性)磨き
    多くの出会いを重ね
      体験する時(時代)
  焦らず 一つ一つの出会いに感謝し
    思いを素直に語り 生きること
 自然と 人の姿 人の心
    世の流れが見えてくる

『真実の光・神示 平成20年版』42ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました