何で仲間外れに?
つらい高校生活だったけど
(佐賀県MY/10代女性/高校生)

すっかり自信をなくして

中学時代がとても楽しかったので、「高校でも…」と期待を胸に入学。ところが、仲良くしていた友達から突然素っ気なくされ、仲間外れになってしまったのです。お弁当を食べるのも独りぼっちで涙がこぼれました。「何で私だけ?」すっかり自信をなくし、胸が張り裂けそうでした。

どうしてよいのか分からなくて、教務相談へ。私は母と2人暮らしなので、親に心配を掛けてはいけないと思っていました。けれど、「親に素直に話すこと」と教わり、一人で悩まなくていいんだと分かると、心がスッと軽くなったのです。

自分の良さを生かしてみようと

「自信が持てるようになるから」という職員の勧めで、友輝会にも出席。人間は一人では生きられないことや、出会いを生かす大切さを知りました。振り返れば、今までの自分はいつも受け身で、一緒にいて楽しくないと思われたのかも…。そう気付いたら、「私の良さは明るいところ。これを生かそう」と勇気が出ました。

でも、「何て言われるだろう。また避けられたらどうしよう」と不安でいっぱい。そんな私の気持ちを母は全部受け止めて、背中を押してくれました。ドキドキしながらも、祈願して、近くの席の子に声を掛けたら話ができ、ちょくちょく会話も。話す自信がついてきたので、素っ気なかった友達にも話し掛けたら、普通に会話が続いたのです。

たくさんの気付きを糧に

今は、学校に休まず行けて、お昼も友達と一緒に食べています。少し苦手に感じていた人とも話せるようになりました。友輝会で、「誰にも役立つ良さがある」と学んだとおり、私は私なりに、持ち前の明るさで人と関わっていけばいいんだと思います。私にはいつも温かく見守ってくれる親がいることも、大きな支えです。いろいろ気付いたことをこれからの糧にしたいです。

母より

娘が悩みを打ち明けてくれた時、どんな環境にも負けないでほしいからと、心を鬼にして、学校に行くように言いました。それをしっかり受け止めてくれ、一緒に教えを学んで祈願できたから、前を向いて進めたのだと思います。娘は、私に心配掛けまいと気遣ってくれる優しい子です。真面目な一面もあります。良いところを伸ばせるように温かく見守りながら、応援していきます。

神示で確認 「喜び」の仕組み

友輝の時(時代)に「生きる」心の姿は 素直 正直
 素直――ただ人 物との出会いを純粋に見詰め 受け止める心の姿
 正直――今の気持ちを 我にも 相手にも偽らず 伝える心の姿
人間は 「教え」を心の支えに生きるなら
    自然と実体を高め 運命に重なる心の動きが取れるもの(存在)
 「教え」が人の心を成長させる

『真実の光・神示 平成30年版』174ページ(中略あり)

※友輝;15歳から30歳までの未婚者。素直、正直な心で、多くのことを吸収し、将来への土台を築く年代。

神示で確認 「喜び」の仕組み

友輝の時(時代)に「生きる」
    心の姿は 素直 正直
 素直――
  ただ人 物との出会いを
   純粋に見詰め 受け止める心の姿
 正直――
  今の気持ちを
    我にも 相手にも偽らず
      伝える心の姿
人間は
 「教え」を心の支えに生きるなら
  自然と実体を高め
    運命に重なる心の動きが
      取れるもの(存在)
 「教え」が人の心を成長させる

『真実の光・神示 平成30年版』174ページ(中略あり)

※友輝;15歳から30歳までの未婚者。素直、正直な心で、多くのことを吸収し、将来への土台を築く年代。

タイトルとURLをコピーしました