2022-01

60代

家族そろって味わう不思議
付いてきた形の奇跡
(山口県YI/60代女性/主婦)

夫は、大腸がんの手術を乗り越えた身。ある日、経過観察から帰宅した時の表情が、曇って見えました。これは良くないことがあったと直感。「お父さん、何か言われたの?」と聞くと、「肺にがんが転移したかも。影があるって」と言うのです。その顔に、いつも...
60代

生き方を方向転換
人間不信の私が変わった訳
(京都府MN/60代男性)

探し求めていた道を知り得て 何でも知りたい性格の私は、数々の知識を得て、研究開発の仕事に携わりました。しかし、そこは競争の激しい世界。同僚といえど、一緒に食事をするなど考えられず、足を引っ張り合い、手柄を横取りするのも当たり前。徐々...
60代

神と歩んだ看護師人生
頂いた「ご褒美」に感謝
(東京都NS/60代女性/看護師)

看護師として大学病院に勤務し42年。今年の春に定年を迎えます。いろいろな病棟を経験しましたが、どこにいても「自分に何ができるか」を考え続けた日々でした。 実感した「愛は愛を呼ぶ」真理 この10年は、精神科で勤務しています。生き...
50代

求めれば応えてくださる神
憧れの家庭に近づいて
(青森県RO/50代女性/美容師)

私は、10代の頃、家に居場所がないと感じていました。けんかばかりしている両親の姿がつらく、寂しかったのだと思います。学校にも居場所を感じられなくなり、家を出て就職。くしくも、選んだ職業は美容師、親と同じ世界。相変わらずけんかの絶えない両親...
30代

心の距離を近づける!
思いを通い合わせる親子に
(山梨県MI/30代男性)

「お父さんが、がんになってしまった」。母からの突然の連絡でした。父は寡黙で、いわゆる家族サービスをするタイプではない人。子供の頃は、友人の父親と比べて寂しく思うこともありました。その後、大人になり、自分が所帯を持ってからも、どこか父とは距...
40代

神を知らなかった頃には
なかった仕合せが今ここに
(岩手県SS/40代男性/農家)

2年前、父と叔父に連れられ、初めて神の館の神門をくぐりました。母が肺がんで余命わずかと宣告され、ただただ命を救っていただきたい一心でした。 母を見送って確信した神の実在 ご案内会に出席し、職員とも話をする中で分かりました。母が...
60代

実践できていなかった?
やっとつかんだ縁の深め方
(山梨県MN/60代女性/介護福祉士)

知人の紹介で始めた障害者支援センターでの仕事。上司は、出会ったことのないタイプの人でした。教えてもらって「ありがとうございます」と言うと、「今、ありがとうは言うべきではない」と一蹴。落ち葉を掃いている上司に、「手伝います」と駆け寄れば、「...
60代

「本物の家族」になって
悔いなく見送れた奇跡
(新潟県MI/60代女性/主婦)

夫が末期がんと宣告されたのは、1月のことです。でも、私の心は「どうしよう」ではありませんでした。「お父さん、心配することないよ。ゆっくり治そう」と励ましている…。今思えば、この心の動きは、神のご守護の中でした。 家族で支えていく決意...
タイトルとURLをコピーしました