介護

60代

家庭内別居からの大変化
やっと味わえた神のご守護
(群馬県MY/60代女性/主婦)

夫は1階、私は2階で「家庭内別居」。一切口は利きません。きっかけは、十数年前の夫の暴力でした。ひと言「悪かった」と言ってくれればよかったのですが、それがなく、「もう無理」と思いました。試しに2階で過ごしてみたら、空気がおいしいこと。そのま...
20代

教えで「自分を客観視」
円満な人間関係を手に
(静岡県MH/20代女性/介護福祉士)

お年寄りと関わるのが好きで、介護の仕事に就いたものの、好きだけでは通用しない世界でした。利用者に腕をかまれたり、暴言を吐かれたりするのは日常茶飯事。おまけに、職場の人間関係も悪く、こそこそ陰口が聞こえてきます。私は、感情を抑えるのに精いっ...
70代

掛け替えのない夫婦の時間
心は絶対に変えられる!
(岩手県MT/70代女性/主婦)

4月、夫が旅立ちました。「肺がんの末期」と宣告されて4カ月後のことでした。 擦れ違い人生、原因は私の性格 夫はいわゆるエリート。20年以上単身赴任で、戻ってきた時には、大きな「心の溝」ができていました。全て上から目線の夫は、何...
60代

難しいことではなかった!
「楽しくない毎日」が好転
(京都府CY/60代女性/介護職・美容部員)

20年前に離婚し、3人の娘と新たな道を歩み始めました。とにかく収入の多い仕事に就かなければ…。美容部員として、化粧品の営業を始めましたが、人間関係で嫌な思いばかりして、とても「楽しい」とは思えませんでした。さらに、父が亡くなり、一人暮らし...
60代

若年性認知症の夫との生活
心重ねて悔いのないものに
(福井県HH/60代女性/派遣社員)

夫が「若年性認知症」と診断されたのは9年前。まだ50歳でした。誇りを持って勤めてきた警察官の仕事も退職。「どうか夢であってほしい」「元の夫に戻ってほしい」と、何度願ったか知れません。でも、夫は、神に心を守られていたのでしょう。つらい症状も...
60代

絶縁状態だった姉妹の絆
「許せない」心が解けて…
(新潟県SN/60代女性/パート)

久しぶりに訪れた神の館は、変わらず私の心をすっぽり包んでくれる、温かい場所でした。以前は次姉に誘われ、一緒に参拝していたのですが、母の葬儀の後に大げんかしてから絶縁状態。神の館からも足が遠のいていたのです。 亡き母に思いをはせると ...
80代以上

神から頂いた奇跡
夫と悔いのない別れを
(熊本県CK/90代女性/無職)

昔の夫は「真面目で冗談も言わない人」。神に出会って、「ユーモアいっぱいの人」に変わりました。その夫が、4月に亡くなりました。95歳まで、あと5日でした。 病でもいつもと変わらぬ夫 2月、夫が「白血病の一歩手前」と診断され、余命...
60代

イライラが消えていく!
教えでつかんだ真の親孝行
(長野県NN/60代女性/会社員)

父が亡くなり、一人暮らしをしていた母に、認知症の症状が出始めました。「寂しい、眠れない」と嘆く日、「死んでやる!」と叫ぶ日…。仕事中にまで数分おきにかかってくる電話にビクビクし、心はクタクタでした。 心に染み入った配信授業 母...
タイトルとURLをコピーしました