おしどり夫婦になれた今
晩年になって増す仕合せ
(広島県MY/70代女性/主婦)

15歳の時から、60年以上付けている日記を読み返してみました。そこには、短気で潔癖過ぎる、かつての私の姿がつづられていました。家計簿が1円でも違っていれば、徹底的に調べないと気が済まない。180度変わったわけではないですが、「1円が10円になったかな?」と笑って言える今の私は、本当におおらかになったと感じます。

立て続けに問題が起きる理由

私が信者になったのは、33歳の時でした。若い頃から心臓が悪い上、結婚した夫はひどい酒乱。さらに嫁姑問題、金銭トラブルなど、悩みが絶えません。こんなに苦しいのは、自分に何か問題があるのだろうと、神の教えを学んで、学んで、学びました。

「こうしとったのが、いけなかったな」がたくさん見つかりました。特に私は、「相手の心が何を思っているか」を知ろうとせずに生きてきたのです。「愛し、愛される人間になりたいです」と、切に祈願しました。「分かろう」とする心で関わっていけば、相手の思いを受け止められることを実感しました。たとえ、それが自分の考えと違っていても…です。

人を愛し、愛される喜びが

問題は全て解決していきました。今は、どの出来事も「あんなこともあった」と笑顔で話せます。しかも、家族みんなでそう言い合えるのです。

おかげさまで人との縁も広がり、料理教室や百歳体操などに参加すると、「あなたが来たら、花が咲いたようで100ワット輝いとる」「観音様みたいね」と言っていただきます。でも、昔を知る知人は言います。「前は言いたい放題言う人やった。一歩下がって物を言うようになったね」と。その過去を思えば、何だか人間が変わったような、夢のような気持ちがいたします。

どこを見ても仲が悪かったのに

親を見ても、身内を見ても、そこら中、夫婦仲の悪かった我が家系。私たち夫婦もそうでした。それが今、皆さんから「どこに行くにも一緒で、おしどり夫婦じゃねー」と言っていただき、ありがたいです。

私は、かつて娘を生後5時間で亡くしています。どうしても欲しかった女の子は授かりませんでしたが、ひ孫の代で4人授けていただきました。その子たちが今、「ばあちゃん、遊ぼー」と慕ってくれる仕合せも、味わわせていただいています。

夫は、「おまえが土台固めを頑張ったおかげで、今の仕合せが頂けるんじゃのう。わしの命もあるんじゃ」と、何度も言ってくれます。でも、本当は私一人ではなく、夫と築いてきた家庭です。心いっぱいに仕合せを頂き、うれしくて涙が出てきます。

人生は 出会いを重ね 良くも 悪くも 流れを生み出し 成長してゆく
 人生の姿を知って ――良き出会いを求めて「生きる」――
神が示す教えは「真理」 人 物との出会いを深める心を育てる
 ゆえに 「教え」を学び 身に付け 愛ある心の人を目指すこと
 ますます出会いは深まり 広がり 奉仕に「生きる」心が引き出されてゆく

人生は 出会いを重ね
  良くも 悪くも 流れを生み出し
        成長してゆく
 人生の姿を知って
  ――良き出会いを
        求めて「生きる」――
神が示す教えは「真理」
    人 物との出会いを
        深める心を育てる
 ゆえに 「教え」を学び 身に付け
      愛ある心の人を目指すこと
 ますます出会いは深まり 広がり
    奉仕に「生きる」心が
        引き出されてゆく

『真実の光・神示 平成31年・令和元年版』17ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました