ジャッジをやめて楽になる
心が疲れない人間関係を
(東京都MK/40代女性/会社員)

外資系の会社での秘書業務は、「え? ありえないよね?」の連続。周りは、自分の利益にならないことには無関心な人や、相手によって意見を変える、風見鶏のような人ばかり…。「忙しそうだから、私やります」と手を挙げれば、一人だけ仕事がたまり、善い人ほど損をするような感覚がありました。

いいことをしているのになぜ?

ただ純粋に人の役に立ちたいだけなのに、なぜ心がこんなに疲れるのか…。本腰を入れて神の教えを学び始めました。表面的にはニコニコ仕事を引き受けても、心の中は「うわ、この人風見鶏さんだ」「この人は、保身のために物事をうまく言い繕う人だ」と、ジャッジしている自分。私の「役立ちたい」気持ちは純粋ではなく、濁っていたのです。

『真理』に生きる皆(信者)なれば、相手の心が優しく、温かくなれるように、『心』を使えよ」という神示が心にピタッとはまりました。相手の言動の奥には、私の知らない、その人なりの考え方や努力があるはず。それなのに、見える部分だけでジャッジするのはおこがましいこと。自分のよろいが少しずつ取れていくのを感じました。

神の教えで、縁を深める大切さを学んでも、「できる範囲でやればいい。無理ならそれ以上頑張る必要なし」と割り切っていた私です。でも、本当はもう一歩、関わる余地があるのに、私自身が“あえて”一歩を踏み出さなかっただけなのです。

神の大きな後押しを感じて

その一歩の頑張りを、神はちゃんと応援してくださっていると感じます。相手がどうのでなく、自分がどんな心で向き合うか。「困っているのだから力になりたい」「仕事が遅れそうだから、誠実にわびよう」。その純粋な心はちゃんと伝わることを、実体験として味わっています。

この世界は学歴重視の傾向があり、大学を卒業していない私は、いつ交代になってもおかしくない立場です。それでも、ここ最近、外国人の役員から「あなたにまた、来日した時のスケジューリングをお願いしたい」と依頼していただきました。さらに他部門の方からも、「できれば、これをあなたにお願いしたい」と何かと頼っていただいて、本当にありがたいです。国も部署も超えての「助かった」の言葉はうれしく、「私の周りにいるのは温かい人たち」と感謝とやりがいが込み上げてくるのです。

たまに自分の正義感の強さから、人をジャッジしそうになることもあります。それでも「おっと」と気付けて、心を元に戻すスピードが早くなりました。自分の努力だけではできないところを、神が後押ししてくださっているものと思います。そんな毎日が、とっても仕合せです。

「教え」を心(人生)の支えに 「生きる」努力をする
 「心」に相手を思う「誠」が芽吹き 信頼 情愛 共感が 出会いを深める
「教え」に生きて奉仕心が身に付くほどに 人は皆
    「運命」が導く心の動きが取れて 互いに求め合う心(関係)が生まれる
 「生きがい」手にした人の姿が ここにある

「教え」を心(人生)の支えに
    「生きる」努力をする
 「心」に相手を思う「誠」が芽吹き
    信頼 情愛 共感が
      出会いを深める
「教え」に生きて
  奉仕心が身に付くほどに 人は皆
  「運命」が導く心の動きが取れて
    互いに求め合う心(関係)が
      生まれる
 「生きがい」手にした人の姿が
    ここにある

『真実の光・神示 平成30年版』178ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました