「見えない心」を見る努力
穏やかになった夫婦の会話
(神奈川県YI/70代女性/主婦)

私には、悩みが一つありました。夫の口調がきついことです。一緒に家庭菜園をしているときなど、「そんなことも知らないのか?」「それじゃ駄目だ!」と言われ、心の中で「私はあなたの部下じゃない!」と猛反発していました。

「心」を見ていなかった!

ある時、神の教えを学んでいて、ふと気付きました。夫は、心で思ったことは「何でも」言う人。だからといって「全て」言っているわけではない。私が見えていない「夫の心」があるんだ…と。

思えばコロナ禍になってから、夫は、大好きな外での飲酒をずっと我慢しています。寂しい思いをしているかな…。見えなかったものが見えてきました。

夫は、スポーツ番組が大好き。片や私は興味なし。でも、いつも一人でテレビ観戦している夫の心を思った時、お皿洗いの手を止めて、隣に座っている私がいました。「ルール教えて」と言うと、何ともうれしそうな顔! 得意げに説明してくれる姿に、私までうれしくなりました。しかも、ある日、私が朝ドラを見ていると、夫が「これは誰だ?」と言いながら隣に座るのです。今までは見向きもしなかったので、びっくりしました。

少しの実践で変わった毎日

その頃、夫の歯の具合が悪くなりました。「うまくかめない」と言うので、野菜を刻んだ特製おじやを張り切って準備。夫は「手間かけたな」とねぎらってくれます。好物の果物を切るときも、「どんな形が食べやすい?」と聞くと、「あんまり細かくなくていいよ。お母さんも疲れてるだろうから。ありがとな」との返事。私からの「心遣い」。目には見えなくてもちゃんと伝わり、夫からも同じように返ってくる…、その心地よさを体感したのです。

あれほど嫌だった夫の強い口調はうそのようになくなり、穏やかな日々です。これまでは、私が夫の「言い方」に過剰反応してしまい、「心」をないがしろにしてしまっていたのだと思います。家庭菜園のことも、今となっては私のやり方も甘かったと分かります。

私が話し掛けると、にこっと笑う夫。その笑顔が本当にすてきです。心の底から夫が「いとおしい存在」になりました。

神示で確認 「喜び」の仕組み

「教え」を学び 「真理」に悟りを得て 心(人生)に生かせる人は皆
    相手の気持ちを受け止め 正しい関わりを深めてゆける
 仕合せを共有し 会話の絶えない家庭の姿が ここにある
「教え」に生きる決意を持って 心正しい「信者の道」ゆく我であれ
 この思いが
    我が「運命」の力をもって 相手の人生を支え 補う心(愛)を芽吹かせる
 二人の会話も深まり 共鳴 共感し合う人生が始まってゆく

『真実の光・神示 平成31年・令和元年版』19ページ(中略あり)

神示で確認 「喜び」の仕組み

「教え」を学び 「真理」に悟りを得て
  心(人生)に生かせる人は皆
    相手の気持ちを受け止め
     正しい関わりを深めてゆける
 仕合せを共有し
    会話の絶えない家庭の姿が
      ここにある
「教え」に生きる決意を持って
  心正しい「信者の道」ゆく我であれ
 この思いが
  我が「運命」の力をもって
    相手の人生を支え
      補う心(愛)を芽吹かせる
 二人の会話も深まり
  共鳴 共感し合う人生が
    始まってゆく

『真実の光・神示 平成31年・令和元年版』19ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました