ようやく埋まった親子の溝
教えの実践こそ確実な道!
(東京都YO/60代女性/主婦)

思えば、私は、長男が難病と告げられ、何とか救っていただきたくて信者となりました。しかし、教えを学んでも実践するわけでなく、ただ知識として受け止めていただけ。何かあれば、「助けて」「救って」と、目先の御利益を求める繰り返しだったのです。

長男は、30年以上も全介助の生活を送っています。発病した当時、夫は仕事が忙しく、私は長男にかかりっきりで、次男にはいつも寂しい思いをさせてしまいました。思春期を迎えた頃から無口になり、何でも一人で決めて事後報告。社会人となり、寮生活を始めてからはメールの返信もありません。「男の子なんてこんなものだ」と夫が素っ気なくても、私は寂しさに耐えられず、「だったら一人で何とかする」と教務相談に行ったのです。

夫婦で心を重ねるのが一番

子供のことは夫婦で心を重ねるのが一番、職員の言葉が響きました。そう学んでいるのに、「夫の気に障ることを言いたくない」と、夫婦で向き合うことを避けていたのです。「教えを学んでも、実行しなければ何も変わらない」と、ようやく目が覚めました。

ちょうど夫も、定年退職して自ら学び始めたところでした。夫を頼る心になり、勇気を出して心配や不満を正直に伝えると、互いに心の内を穏やかに語り合うことができたのです。

自分は一人じゃない…

日頃、長男の介助者へ不満を感じていた私ですが、夫から「この仕事を好きでやってくれてありがたいね。温かく見守ろう」と言われ、怒りがすーっと引いてしまいました。自分と違う発想をし、私の考えの域にないアドバイスをくれる夫。社会でさまざまな経験をしてきただけあって、相手の立場もよく分かっている! 教えを学んでいるから受け止め方も豊か!と尊敬でした。何より二人で分かち合えると、「自分一人じゃない」と肩の荷も下り、こんなにも心が安定することを深く味わいました。

たまに帰ってくる次男は、いくら話し掛けても無言のまま。それでも、夫と和やかに会話を続け、次男には何度か「いつもあなたのことを思っているけれど、行き届かないところがあって申し訳なかった」とも伝えました。次第に、食べ物を送ったときに「おいしかったよ」とメールが来たり、旅行のお土産をくれたりするように変わっていったのです。

想像を超えた奇跡が!

次男の誕生日の少し前に、「僕は何時に生まれたの?」とメールが。小さい頃の写真と、「私たちの所に生まれてきてくれてありがとう」という言葉を添えて返信しました。そして迎えた誕生日、何と次男から花とカードが届いたのです。「お父さん、お母さん生んでくれてありがとう。兄貴にも感謝! これからもよろしくね」。一生埋まらないと思っていた溝が埋まるとは…。こんな日が来るなんて想像もできず、胸がいっぱいでした。

神のお言葉は、人間関係を豊かにする教えと言われますが、本当にそのとおりです。実践すれば必ず仕合せに近づくと確信し、こうした環境に身を置けた感謝もさらに深まりました。溝はもうこりごり。これからは、夫とも、子供たちとも、絆を深めて深めて深めまくります。

神示で確認 「喜び」の仕組み

――悔いなき人生手にするために 「真理」に生きる家庭を築く――
我が任(立場)を知って 家庭で生かしてごらん
 自然と家族の心は まとまり 重なり 会話が弾む
 「悔いなき人生」手にする人が育つ 家庭の姿が ここにある

『真実の光・神示 平成25年版』88ページ(中略あり)

神示で確認 「喜び」の仕組み

――悔いなき人生手にするために
   「真理」に生きる家庭を築く――
我が任(立場)を知って
    家庭で生かしてごらん
 自然と家族の心は まとまり 重なり
    会話が弾む
 「悔いなき人生」手にする人が育つ
    家庭の姿が ここにある

『真実の光・神示 平成25年版』88ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました