悩み、苦しみの心が変わる
神のご守護の中にいる実感
(青森県AH/50代男性/介護ヘルパー)

私は軽度の統合失調症で、人間関係がうまくいかず、どの仕事も長続きしませんでした。相手のぶしつけな態度や荒い口調が許せず、言い争いになってしまうのです。

なぜ行く先々で人とぶつかるのか。自分の心なのに、自分でどうにもできないことがもどかしく、「どこかに心を守ってくれる神様がいたらいいのに」と思っていました。そんな時、知り合いから神示教会の話を聞き、迷わず信者になったのです。

神につらい思いを打ち明けると、すっと落ち着き、心を守られる感覚を何度味わったか知れません。神の教えも、深く刺さりました。「人生を決めるのは、その時、その時の心の動き」良い人生を送るには、今の自分の心を変えるしかない。自分から人に歩み寄ろうと決めたのです。

初めて味わう仕事のやりがい

仕事を辞めてから、長らく家業を手伝っていましたが、障害者施設の就労訓練を受けてみようと心が動きました。訓練を始めてしばらくたったある日、施設の理事長から、「老人ホームで介護の仕事をやってみないか?」とお声を掛けていただいたのです。それまでの取り組み方や、皆さんとの関わり方を評価してくださったとのこと。うれしくて夢のようでした。

そこから介護ヘルパーの資格を取り、現在も勤め続けています。この仕事に就いて12年、もう人とぶつかることはありません。意見が違っても「うん、そうだよな」と一呼吸置け、イラッとしても「この人も悪気があるわけじゃないから…」と穏やかに受け止める自分になれたからです。

私は入浴介助担当で、利用者の皆さんには、この時間を楽しんでほしいと心から願っています。熱いお風呂が好きな人、ぬるめが好きな人…と違うので、一人一人の好みを考えながら準備。「きょうも最高!」「温泉に来たみたい」と言われると、疲れがいっぺんに吹き飛んでしまいます。認知症の方にも心を込めて接すると、いつもは動かない手が動いたり、じっと私を見詰めたり。相手を思う心は、ちゃんと伝わっていると実感する毎日です。

本物の神に出会えた喜び

今、心が充実感でいっぱいです。オススメスポットに行かなくても、近所の景色を見て、「こんなに素晴らしい自然がある!」と満足している私がいます。両親には、生まれて初めて言えました。「ここまで育ててくれてありがとう」と。二人とも満面の笑みを浮かべてくれて、思い切って伝えてよかった…と思いました。

ありがたいことに、統合失調症の症状は出ていません。心を守ってくださる本物の神に出会えて、心底から感謝しています。

神示で確認 「喜び」の仕組み

「真理」を学び 奉仕心に生きるべし
 自然と気持ちは安定し 人の言葉に振り回されることなし
 安定した心が肉体に宿るほど 心と体が調和して 真の健康を手にできるのである

『真実の光・神示 平成25年版』12ページ

神示で確認 「喜び」の仕組み

「真理」を学び 奉仕心に生きるべし
 自然と気持ちは安定し
  人の言葉に振り回されることなし
 安定した心が肉体に宿るほど
  心と体が調和して
    真の健康を手にできるのである

『真実の光・神示 平成25年版』12ページ

タイトルとURLをコピーしました