悩みは一人で抱えない
“両親に相談”ですっきり
(石川県KH/10代女性/中学生)

私が困ったときに相談するのは、お母さんです。お母さんに聞けば、それで解決するので、お父さんにはあまり話さなくても大丈夫でした。でも、夏休みに、二人に話して良かったことがありました。

お父さんの答えで心がスッキリ

ある日、友達にカラオケに誘われました。でも、学校の決まりで子供だけで行くのは禁止。それを伝えても、「行くよ」と言います。友達の歌は聴きたいけれど、先生に怒られるのは嫌。お母さんに聞いたら、「せっかく誘ってくれたし、そういう時間を大切にするのもいいかもね」と言われました。それでも、もじもじしていたら、お父さんに話すように勧めてくれました。早速相談すると、「学校の決まりなら、行ったら駄目やろ」と言われて、気持ちがスッキリ。お母さんが、友達のお母さんに断ってくれました。

家族みんなが私の応援団

このことで、お母さんからは「友人を大切にすること」、お父さんからは「決まり事を守ること」を教えてもらいました。お母さん、お父さん、それぞれが私を思って、大切なことを教えてくれます。だから、これからも二人に聞くのは大事。その方がいいと思っています。

最近、バドミントン部の部長になって、ちゃんとできるか不安で、「人が多くてまとめられるか心配やし、練習のメニューを決めても文句言われそう」と両親に相談しました。お母さんは「大丈夫。神様が付いてるよ」と安心させてくれ、お父さんは「他の人では無理や」と励ましてくれました。お兄ちゃんたちも応援してくれたので、「なんか大丈夫かな」と勇気が出て、今頑張っています。やっぱり、「悩みは一人で抱えたら駄目やろ」と思います。これからも、親や家族には、何でも話していきます。

母より

妻は、家族の心をつなぐ役目と神の教えで学び、子供のことは私から夫に言えばいいと思っていました。自分の考えが正しいとも思っていたのです。今回も、夫は「行っていい」と言うと思っていましたが、「駄目」との返事。娘があっさり受け入れたのを見て、「お父さんって、すごいんやな」と思いました。

今までも、夫に話さず決めたことは、ほとんど結果が失敗。夫に相談して、本当に良かったです。つい、子供に目がいきがちですが、大切なのはやっぱり夫婦。夫に何でも話すように心掛けます。

娘は頑張り屋で、「でも」や「だって」も言いません。そうした良さを生かせるように、夫と心を重ねて支えていきます。

心(運命実体)で生きる人間は
    多くの出会いを得て 経験を重ねながら 人格を身に付けてゆく
 親との出会いを始めに 人は 今後の人生を色付けてゆく
 多くの触れ合いを重ね 自ら「人生」を決めてゆくのである
「教え」のある家庭で 家族との会話 心の触れ合いがいかに大切か
    気付き 悟れる信者であれ

心(運命実体)で生きる人間は
  多くの出会いを得て
    経験を重ねながら
      人格を身に付けてゆく
 親との出会いを始めに
   人は 今後の人生を色付けてゆく
 多くの触れ合いを重ね
  自ら「人生」を決めてゆくのである
「教え」のある家庭で
  家族との会話
    心の触れ合いがいかに大切か
      気付き 悟れる信者であれ

『真実の光・神示 平成31年・令和元年版』163ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました