定年後に増えた夫婦げんか
円満に過ごすためには?
(石川県NY/50代女性/パート)

夫が無事に定年退職。最終日には大きな花束を抱えて帰宅し、「職場の人にこんなに受け入れてもらっていたんだ…」と、自分のことのようにうれしかったです。その花束を写真に撮り、スマホの待ち受け画面にして眺めていたのでした。

これからは夫婦で悠々自適の暮らし。そんな夢はすぐ打ち砕かれました。夫がお酒を飲んでばかりなのです。「何やってんの! 飲み過ぎ!!」と私は怒鳴り散らし、夫は「うるさい!」と怒鳴り返し、その反動で量も増えて悪循環。こんなはずじゃなかったのに…。つらく、苦しい毎日でした。

「過ぎる心」が全ての火種

責め過ぎ、言い過ぎ、関わり過ぎ。「過ぎる心」のオンパレードだった私の心。「元気でいてほしい」という愛の心も、過ぎる心が上乗せされれば、夫を苦しめてしまうことに、神の教えから気付いたのです。

その頃、夫が体調不良に…。しかも、がんが見つかったのに、しばらく私に内緒にしていたのです。またまた湧き上がる、責める思い。でも、「一番つらいのは夫。しっかり支えよう」と切り替えられたのは大きな変化です。「私が夫に『言い過ぎた』から、萎縮して話しづらかったんだろう」と、自分を省みる心が生まれていました。

「自分の思いだけ」はNG!

「自分の思いを伝える」ことと、「自分の思いだけを伝える」ことは全く別物。私は後者。だから、「一拍置いて伝える」を意識し始めました。息子のこと、孫のこと、家のこと。あれこれ話したい思いはあっても、まず夫の話を聞くようにしたのです。

ある時、夫に「少しでも家計の足しにしたいから、仕事をしようかな?」と相談すると、「家にいて、笑っていてくれればいい」と思いがけない言葉が返ってきてビックリ。会話ってこんなに心地いいんだ…と感じた瞬間です。

夫は、前向きに治療に臨んでいます。私が作った食事に、「うまい! おいしい!」と毎回コメントをくれます。私のスマホの待ち受け画面を見せながら、「この花束の写真、宝物なんよ」と言うと、「そうか」とひと言。でも、その顔はうれしそうでもありました。私たちが望んでいた悠々自適の生活。今、ようやくスタートした思いです。

「教え」で触れ合う家庭をつくる努力をする
 家族の会話が増えて 情をかけ 互いに関わり 支え合う心(愛情)が育つ
人間は 「教え」を学び 実体を高めるほどに 「真実の愛」に生きられる
 秋の時(時代)を迎え 「人生」を振り返る時
    悔いなき日々に 光り輝く我が「人生の歩み」がつづられている

「教え」で触れ合う家庭をつくる
    努力をする
 家族の会話が増えて
    情をかけ 互いに関わり
      支え合う心(愛情)が育つ
人間は
  「教え」を学び
    実体を高めるほどに
      「真実の愛」に生きられる
 秋の時(時代)を迎え
      「人生」を振り返る時
  悔いなき日々に
    光り輝く我が「人生の歩み」が
      つづられている

『真実の光・神示 平成31年・令和元年版』92ページ(中略あり)

タイトルとURLをコピーしました