実体験に重ねて納得!
時と所と立場をわきまえて
(佐賀県YM/20代女性/整骨院勤務)

7月から、青年向けの友輝会が再開したので、早速出席しました。すると、大きな気付きがありました。

それは、「時と所と立場」をわきまえて生きる大切さです。「青年期の今は素直、正直な心で生きる時」まずは、家の中で、親と素直に会話すること。それができれば、職場でもうまく人と関われて、心に夢や希望が持てるという内容でした。

失った自信を取り戻すべく…

自分の実体験と重ねて考えた時、とても納得できました。

私は、今の仕事を始めて2年ですが、なかなか覚えられず、後から入ってきた年上の方が要領よく仕事をすることに、劣等感を抱いていました。さらに、上司が「あの子は覚えが悪い」と話しているのを聞き、ショックで自信をなくしてしまいました。

家でも暗い気持ちのままで、親との会話も減りました。「いつ辞めようか」「でも、このまま辞めたらもっと悔しい」と、一人で葛藤する毎日でした。つらい気持ちを神に語り、何とか前向きに取り組めるように願いながら、皆さんの仕事の動きを見て、必死に取り入れていきました。

母の涙から感じた親の愛

数カ月たった頃、時間はかかっても、人並みに仕事ができるようになりました。上司から、「君が、悩みながらも一生懸命頑張る姿を見ていたよ」と言われた時は、本当にうれしかったです。

家に帰って母に話すと、涙を流して「頑張ったね」と喜んでくれました。その姿に、本当はこんなに心配してくれていたんだ…と、胸がいっぱいになりました。

「もっと素直に話せばよかった」今月、友輝会で学び、反省しました。親は一番の理解者であり、自分の心を守ってくれる存在と確信しました。

神の教えに、悩みの答えがあったのです。教えのすごさを実感しています。これからは教えを素直に実践して、ブレない自分をつくっていきたいです。

※メルマガ登録者限定で、友輝会(教主担当)を視聴できます。

タイトルとURLをコピーしました