物事の本質を見極める努力を

『人生の真理30』に、このような言葉があります。「世の知識を見聞きし、そのままうのみせずに、『教え』を通し、理解を深める努力をすること。気持ちは安定し、焦ることなく、じっくりと、物事の本質を見極められる」(100ページ神示)まさに、今意識したい生き方です。

混迷を深める現在の環境においては、「どうすれば収束するのか」「いつになれば安心して暮らせるのか」と、誰もが不安です。少しでも安心したいと、マスコミやネットで情報を探しても、さまざまな意見が飛び交い、ますます迷ってしまうことも少なくありません。

日頃から神の教えに触れていると、この世の仕組みが分かり、目先の知識や情報に飛び付くことはなくなります。なぜなら、教えは普遍の真理であり、どうしてそうなっているのか、物事の根本を理解し、的確に判断できるからです。

今、世の中は大きく変わろうとしていますが、「これからどうなっていくのか…」「どのように生きれば…」と焦ることはありません。神の教えに沿って暮らしていれば、気持ちが安定し、無理をしなくて済みます。冷静な心で、自分が進むべき道を選ぶことができ、力強く生きていけることでしょう。